Page: 2/4  << >>
シンプルだけどわかります

最近、道路の彩色がとても気になる。
その中でこの自転車帯の色と配置はいい。
シンプルでスッキリ、わかりやすく大事なことはきちんと伝わる。

色は識別や伝達の役割を持つ。
しかし、目立てば良い、、ではない。彩色したことでかえってわかりずらくなったり、色の意味が伝わっていないところを見ると、とても悲しくなる。
色も大事だが問題なのは、、、この上の路駐車両だと思うんだけどなあ。
(この日は無かったが別の日はずらずら〜と)
 
| era-hagyo | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
これもアリ!

先週、久しぶりに大阪・三重を訪れた。
全国からお集りの先生方と懇親を深めましょうと集合した、憧れの!じゃんじゃん横町。
まるでテーマパークのような、映画のセットのような、狭い路地の中にひしめく、これでもか!な大阪カラーに、わくわくした。
これはある意味「特区」。「この街はこれでなきゃ!」な色がイイ。

脱帽!
 
| era-hagyo | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
気づく

時を経て、見方を変えて、気づくことがある。
そうだったんだ、ってことに。
どうでもよかったことが、思いがけず心に留まる。
そんな、人の心に灯る色をつくりたい。

 
| era-hagyo | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
屋久島で・・衝撃の色

約20年ぶりに屋久島へ行った。(今年は20年ぶり的な出来事がとっても多く不思議)
以前行った時はまだ世界自然遺産になる前で、手つかずのそのままの海・山など豊かな自然に圧倒された。(屋久サルに運転していた車をタクシー代わりにされたことも強烈な思い出)
今回は、朝早い高速船に乗り(初!)ちょっとした小旅行気分でワクワクしつつ港に到着。
仕事先の方に出迎えてもらい、現場へと行く道沿いの変貌ぶりに愕然とした。
そう、びっくりでなく、愕然!あ然!言葉を失った。
この屋久島で、世界自然遺産のこの島で、高彩度のピンク色をした店舗が目に飛び込んできたのだ。
昔無かった建物が色々できているのはいいとしても、その色は・・・。
今までなかった業種のお店が近くにできるのは特に島ではとても便利なこと。しかし建物に関しては、そこの風土や自然を借りて‘’建てさせてもらう‘’ことではないだろうか。
コーポレートカラーは外壁全部に塗らなくても活きる方法(色彩計画)がいくらでもある。
これは提案する作り手側の責任でもあるのではないだろうか。
一瞬にして屋久島へ来たワクワク感が失せた、美しい「屋久島グリーン(そう名付けたい)」とおよそ不釣り合いなその色を見ながら「どうかこれから建つ建物は、ぜひ屋久島に似合う色に」と祈らずにはいられなかった。
 
| era-hagyo | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
繁華街の公園

南九州一の繁華街(観光パンフレットによくあるが・・)天文館の真ん中にある「天文館公園」がリニューアルした。
子供の頃はお正月になるとサーカスを観にきた場所。しかし、時が経ち、広場と野球コートの閑散とした公園は何とも寂しく、大人になると夜ほろ酔い気分で横を通り過ぎるだけだった。
その公園を鹿児島市が数年かけリニューアルした。
美しい緑の芝生広場をウォーキングラインが囲み、スッキリとした白の開放型多目的ステージや平面噴水にライトアップと、とっても素敵な公園に。昔から地域に住む人の思い出がつまったランドマークツリーやレンガなども移設され生かされた。
最も嬉しかったのは、周辺ビルの壁の室外機(背中が丸見えになった)を色などで目立たないようビルオーナーさん達が協力してくれたとのこと。なかなか景観的な協力要請も難しいと思われる場所だけに、とってもうれしい話だ。
これも、地元の町内会長のMさんが時間をかけて一人一人を説得されたからこそと聞いた。
以前、繁華街の街づくり会議でご一緒してからご挨拶だけ続けさせていただいているが、生粋の天文館っ子で、生まれ育った街への愛情が深く、そんな方が中心となった今回の公園づくり。理想の景観まちづくりだと思った。

ちなみに、、、ある時間になると私の声が毎日流れます。。。
| era-hagyo | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
自然色のなかの色・・

今年の秋はダッシュで走り去りそうなので、季節の色を思いっきり吸いたくて20年振りに霧島えびのへ足を運んだ。
車がどんどん上へ上へと行く感じも懐かしく、沿道の色も色調がどんどん変わっていく。
雨後の澄んだ空気に色は一層はっきりと。青、赤、黄と自然色のコントラストの美しさに目を奪われ息をのむ。

自然の中にこんなに鮮やかな色が美しくある。じゃあ建物にしても、、、ではない。
仕事の道中、豊かな緑の中に突然ガーン!!と外壁全体が高彩度色の建物に必ず出会う。
一瞬であたりの景色が色褪せてしまう(これも彩度対比?)。

来月東京で、所属する「公共の色彩を考える会」のフォーラムが開催される。
今回は3つのグループでテーマの違う討論がされ、私もグループの一つに遠隔ながら参加させて頂いている。
提案資料に鹿児島の色を見直し歩いているが、日本を代表する色彩の先生方のご意見を直接に聴かせていただき、客観的に冷静に地元の色をみる良い機会となっている。鹿児島のそれぞれの地域と色の関係、、まだまだ、でもこれから、を実感する。

晩秋のえびのの赤、黄、青、そして立寄湯の乳白色。自然が生み出す色は本当にスゴい。そして、その中ではそれが主役であることを忘れてはいけない、と教わった。


 
| era-hagyo | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あかり・音楽・景観

先週の土曜日「音とあかりの散歩道」が開催された。
実行委員会のメンバーとして関わり、やっとこの日を迎えた。
策定の頃から他ならぬ思いがあり提案したので形になったのをみてまさに感無量。。
今回は、学生委員が中心となり準備が進められ、当日も大勢の学生さん達がテキパキがんばってくれ大変心強かった。

鹿児島市にある景観を活かし地元の演奏家による様々な音楽とあかりでつなぐというコンセプトのもと、鹿児島市立美術館前庭、近代文学館・メルヘン館前、探勝園、考古博物館資料館前庭の4つの屋外会場を音とあかりでつないだ。
続きを読む >>
| era-hagyo | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
わたし好きな桜島色

台風一過、ベランダのあれこれは崩壊していたけれど今日一日さわやかなこと。
ちょうど今、仕事部屋から見えた桜島。あまりにきれいでパシャ。
私の好きな桜島は青々と瑞々しい色。とくにこの時間のセピア色がかかりだす感じがイイ。

今日は午後から、とある会議でたくさんの桜島の写真等を見たが本当に様々な色を魅せる。
モクモクと噴煙をあげる姿が県外の方には人気だが、この穏やかで優雅な桜島もぜひゆっくり見ていただきたい。できれば、おいしい地酒を飲みながら。。
あ、、そろそろイイ時間。さて、今夜は何をのもう。
| era-hagyo | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いつまでも歩いていたい、また行きたい街

突然思い立って神戸に行ってきた。ずっと前から訪れたかった旧居留地へ。
朝からの雨も終わる頃、しっとり濡れた街は歴史ある洋館の石壁や街路樹をより一層素敵に見せていた。
歩いてまず気づいたのは、歴史ある建造物と新しいビルが混在するのに違和感がないこと。
形も素材も違うのに、、色が完璧に整っている!と気づき感動。
徹底的に色調色相が合わせてある。だからこそ、それぞれの時代の様式や素材、デザインの違いや良さがよくわかる。まさに、街並みデザインのお手本。
ひときわ高い建物。並びに古い建物が並んでいたが、とことん押さえたライトグレイッシュ系の色が全く違和感を感じさせず溶け込んでいる。余計な色はいらないのだ、まさに引き算。だからこそ計算されつくした色彩計画がうかがえる。デザインと素材の美しさにも感激の一番の建物。



続きを読む >>
| era-hagyo | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いい時間、いい場所


梅雨が明け、すっかり真夏の毎日。
じりじりとした日差しが終わるこの時間、少しホッとする。
ベイサイドからの夕景。
自然の光、人工の光、建物からこぼれる灯り、色を含んだ水明かり、小さな星あかり。
いろんな光の色が交差するこの場所、この時間が好き。
視界を遮る大きな建物が無いからこその“抜け感”が気持ちいい。
やっぱりこの場所、好きだなあ。なんとかならないものだろうか。。。
| era-hagyo | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode