Entry: main  << >>
惹かれるサイン

天文館の老舗珈琲店入り口にあるサイン。
様子から、かなり前からあるようだが初めて気づいた。
神戸の旧居留地で見たような素敵なサイン。
色彩の視認性もちゃんとありながら背景の店舗との雰囲気調和もあり、おもわず目が留まる。

サインの色彩計画は、まずは正しい情報伝達のための色彩機能を考えることが大切だが、街並みとのイメージバランスも大事。
ただ伝えるだけでなく街の印象をつくる一つの要素として、その街ならではの個性ある素敵なサインが増えれば、街の「困った」も少しはなくなるのでは、、と思う。
何より、まち歩きが楽しくなる!


 
| era-hagyo | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode