Entry: main  << >>
薩摩の色

先日、鹿児島の郷土料理「酒ずし」をつくる会に参加させていただく機会を得た。
過去一度だけというほど、なかなか地元に居ながら口にすることがない料理だが、仕込みから経験できると張り切って出かけた。
聞けば、酒ずしは代々家に伝わるレシビがあり、それぞれの家庭ごとに具材や地酒の合わせも違うとのこと。
下ごしらえ(これが一番大変!!)してくださった10種ほどの具材と地酒を含ませたご飯を交互に重ねていき最後に蓋を重石で押さえ待つこと1時間弱。なんとも華やかで季節感あふれる豪華な酒ずしの完成!

これぞ「薩摩の色」。
明るい日差しに映え暖かな色あふれる料理。庶民の味ではなかっただろうが、華やかに季節の色ごぼれる料理を、みなで賑やかに食する光景が目に浮かぶ。
現代の我々も話に花が咲き、薩摩の時を満喫した贅沢な春日和だった。
主催のK様に心から感謝。。


 
| era-hagyo | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode